2015年6月 スペインとラングドックのワインで楽しむタパスバー巡り

P1120277.jpg

夏が近くなり、旅への好奇心が膨らむ季節。 

国境を越え、情熱の大地スペインへ。 フランスの地酒・産出地、ラングドックへ。


おつまみをあれこれ携えて、食いしん坊の遠征。





P1120306.jpg

①CAVA CORDON ROSADO FREIXENET

②RIOJA MARQUES DE CACERES 2013年

③PIC SAINT-LOUP 2013年

④SAINT CHINIAN 2013年


P1120309.jpg

テーブルは、オレンジ、イエロー、茶色で。


P1120313.jpg

タパス3種をまずはテーブルへ。

P1120286.jpg

「ハモン・セラーノとチョリゾのパン・タパス」

P1120283.jpg

「スモークサーモンと海老と卵のパン・タパス」


P1120314.jpg

「ムール貝のエスカベチェ」

P1120319.jpg

続いて、「ツナのスペイン風オムレツ・トルティーリャ」


P1120289.jpg

「コロコロ串ポテト」には、ピリ辛の「SAMOURAI」ソースを。


P1120293.jpg

直径32cmの大きなルクルーゼの平鍋で。 

「簡単シーフードパエリヤ」。 テーブルで蓋を取り、立ち上る湯気もご馳走。

P1120325.jpg

カマルグ米に、野菜と鶏肉、魚貝がたっぷり。

P1120327.jpg

今月のフロマージュは、スペイン・ラマンチャの「ケソ・マンチェゴ」

エスパルトがやを編んでできたブレタと呼ばれるむしろ模様が表皮に付いています。

P1120332.jpg

切り分けて、羊乳の甘みを確かめながら。

P1120331.jpg

デザートは「アプリコットのゼリー」。



今月のCEPAGEには、東京から、大阪から、シンガポールから、

フランス国内もパリ近郊以外にオルレアンやレンヌから、ご参加いただきました。



ワインや食材との出会い、人との交わり。

毎日が、どこか新しく、そして懐かしい暮らし。


手に馴染むグラス、 精いっぱいの愛をお皿にのせて。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コロコロ串ポテト、とても可愛い。

最近NHKでスペインのドラマが始まったのですが、洋服がとてもオシャレ!
戦前の設定なので今のファッションとは違うと思いますけど、あからさまではない色気が感じられて素敵です。
まぁ、日本人に似合うかと言うと…(笑)

ご馳走様でした(^_^)心もお腹も満腹になりました🎵
早速、ゼリー、おもてなしに使わせていただきました!
いつもありがとうございます♪

スペイン

☆chibigure さん

実はしばらく私はスペインに足を運んでいないのですが、ちょっと昔、アンダルシアのマラガに行った時、光の美しさ、空気の柔らかさに感激しました。
フランスとはまた違った国で、私の思うあの国の色はオレンジなんです。

ムギちゃんのおうちの中の探検が始まったようですね。
うちもトラ立ち入り禁止場所を以前は決めていましたが、もう、知恵がついてなんでもやらかしてくれるのであきらめムードです。
キャットタワー状態でタンスの上を歩き回るようになってしまって、ああ、埃が~とか言ってる場合でもなくなりました。

ウレシイです

☆きよみちゃん

いつもご参加ありがとうございます! おもてなしにゼリーさっそく作ってくださったとは、嬉しい限り。いろいろなフルーツ缶でやってみてください。大人向けには、少し、リキュールを足しても風味がよくなります。グランマニエとか、キルシュとか。

No title

タパス・オムレツ・パエリア
スペインは1度だけ(バルセロナだけですが)行ったことがありますが
食べ物が日本人の口に合う国だと思いました
ワインもあまり甘くないもの多いのかな
たまたま甘くないものを口にしたのかもしれませんが
生ハムやらマッシュルームやらオリーブやら・・・
チーズまで楽しむ余裕はありませんでした(涙)

美味し国

☆とら猫の母さん

スペインはバルセロナはもちろん、マドリッドもマラガも美味しいものが国中にあって、食いしん坊にはたまらない場所です。
私はカタルーニャ地方のバルセロナ近郊で作られるアワ・カヴァが大好きで、それをがぶがぶ飲みながらバール(BAR)めぐりをするのがたまらなく良いのです。

トラくんの17歳のお誕生日、近くなりましたね。記事のUPが楽しみでワクワクです。またアップに耐えられる17歳のイケニャンをぜひ大きく載せてください。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク