人生が熟す秋

IMG_4028.jpg

またずいぶん長くご無沙汰してしまいました。

8月25日着で日本へ戻り、母を納棺師さんと一緒に旅支度させました。

翌日26日に火葬して、白い箱に入った母を9月初めに横浜へ連れ帰りました。





IMG_4026.jpg

役所、銀行、公共料金名義変更。。。終わりの見えない煩雑な手続き。

わたわたと落ち着かない私の気持ちを察した友が、勝沼に連れていってくれました。

IMG_4034.jpg

ワイナリーのテラスは、葡萄の木漏れ陽。

曇った気持ちが少しずつ晴れていく。

IMG_4029.jpg

版画用のタイルが古民家の窓に並ぶ。

IMG_4038.jpg

併設のカフェで、いろいろ葡萄のタルト。

美味しいと感じる瞬間が、生きている証。

IMG_4047.jpg

勝沼ぶどう郷のぶどうの丘へ。

IMG_4040.jpg

緑の丘でバッカスが飲んでいた。

IMG_4049.jpg

リュミエールワイナリーの、棚作りのメルロー。

IMG_4053.jpg

カベルネ・ソーヴィニョンはレインカット仕様。

手をかけ、愛情を注がれて育つ葡萄。 人も同じ。

IMG_4056.jpg

山を越え、八ヶ岳倶楽部で昼食。 柳生博さん一族の別荘だった建物。

この日、ちょうど庭に柳生氏ご本人がいらしていて、気さくに周りに挨拶をなさっていた。

IMG_4058.jpg

クラシックなストーブのそばでいただく、チキンカレー。

IMG_4064_20150914153050f69.jpg

清里駅前の秋桜。山口百恵さんの歌を思いだす。

IMG_4061_2015091415304975b.jpg

大学生の頃、ここでお土産を買った。 つわものどもが夢のあと。

IMG_4083.jpg

翌日は、晴れて青空が広がった。

IMG_4076.jpg

空を見上げ、雲の形を確かめる。 忙しすぎて心を亡くす前にすべきこと。

IMG_4105.jpg
木製の階段を登り、稜線が近くに感じる場所へ。

母は若い頃、コーラスと山登りのサークルに入っていた。 
白黒写真に母の若き笑顔が八ヶ岳と共に写っていたのを覚えている。

IMG_4109.jpg

揺れるすすき、秋の風。

IMG_4119.jpg

白州・名水公園「べるが」。

家族連れでにぎわったキャンプ場は、静けさを取り戻していた。

IMG_4116.jpg

きのこがあちこちから顔を出している。

IMG_4124.jpg

湧水のかき氷は口の中でほろほろと。

IMG_4126.jpg

富士宮に回り込み、名物の焼きそばを。

涼しかった高地に比べ、下界の夕方はまだ夏が残る。

IMG_4128.jpg

御殿場プレミアムアウトレットから見た富士山。



9月10日にパリへ戻りました。 すぐに仕事も始まりました。

何年か経って、この夏を振り返る時、母が残した想いが蘇るはず。



誰かに何かをした時は、すぐに忘れていい。

誰かに何かをしてもらった時は、ずっとずっと忘れずにいること。


誰のせいでもなく、自分で選んで自分で実らせる道。


葡萄がワインに生まれ変わるこの季節、 

自己再構築はもう始まっている。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やはり…

そうかな?って思ってました。たいへんでしたね。

人生の再構築。ミホ先生らしいと感じました。

でも、頭で考えることと、心が感じることには違いがあることでしょう。

すこしだけ立ち止まって、感じることに素直になってみることも「あり」なんじゃないかな。
 
って思います。


Nicoleは、今日から隔週で「リンパマッサージ」のレッスンに行くことにしました。

この次にお会いするときは、ちょっとだけレクチャーできるといいな♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ピノミホさん。お疲れ様でした。
少しお元気になられた様で安心しました。
勝山のワイナリー、空気もとても美味しそうで絶景ですね♪
癒されますね♪


>誰かに何かをした時は、すぐに忘れていい。<

>誰かに何かをしてもらった時は、ずっとずっと忘れずにいること。<

ほんとそうですね~。心に響きました。
うちの母もよく情けは人の為ならず。
なんて言っておりますが。。。。
巡り巡って素敵な世界が広がりますよね、きっと♪(=´∇`=)

No title

勝沼でステキな時間を過ごせてからの
お帰りだったのですね
いろいろお疲れ様でした

お身体お気をつけて
またステキなお仕事の記事を心待ちにしてます

リンパマッサージ

☆Nicole さん

いつも何かに挑戦している印象のNicole さん、次なる目標はマッサージの習得ですか。
次回お会いしたときに、その効能、ぜひお聞かせください。

一昨日からパリでのセパージュが始まり、また9月のワイン色の空気の中で楽しく働いています。生徒さんたちの優しい笑顔で夏の疲れも忘れつつあります。



応援ありがとうございます

☆鍵コメ chibigureさん

一番悲しい時に一番忙しい、本当にそう思いました。石巻に着いてドライアイスに包まれている母に対面し、わーっと泣いた直後にもうその後の段取りや火葬の予約など、一連の流れに突入していました。

まだ完全に手続き終わりと言えるまでは気が遠くなる道のりですが、ぼちぼちと片付けていこうと思います。実家の玄関の靴箱に、母の小さな靴がたくさん残されているのを見つけて、ああ、いなくなったんだと感じた晩夏でした。

母の背中

☆りえりん♪ さん

ありがとうございます。母は私と違ってとてもおとなしい人でしたが、意志が強く、怖い形相で私にモノを言うことも多々ありました。
ただ、母の口から他者の悪口を聞いたことが一度もない。親戚や友達との集まりでも、ただただ人をほめることに徹していて、苦い顔で何かを言っている記憶がないのです。

りえりんさんのお母様、桜子ちゃんに会いにいらっしゃることもおありですか?
私が小さい頃、ウチにはいつも猫が居て、そのころは一軒家で小さな庭に猫が自由に勝手口から出入りしていて、母が猫の足を拭いていました。


秋も元気です

☆とら猫の母さん

ありがとうございます。勝沼への小旅行、10時間以上寝続け、目が覚めたら青空でした。

心が疲れた時、葡萄を見てまだまだ頑張れる気持ちになりました。
9月の仕事、おとといから月末まで続きますが、毎日仕込みからして楽しくてたまりません。自分を忘れて動いた夏が終わって、ようやく落ち着いてトラとも接しています。
寒くなると猫は特に身近にくっついてきますね。

とら猫の母さんもお花屋さんのお仕事、とても忙しそうですがお元気で!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

親孝行

☆鍵コメ kunkunさん

ありがとうございます。母はずっと空の上から私を見てる。今、私がだらだらしていたら、
母に将来再会した時におこごと言われそうなのでやるべきこと、ちゃんとしようと思いました。

kunkunさんのお母様、お一人暮らしで頑張っておられるのですね。
どうかいつまでもずっとずっとお元気で。
親孝行なkunkunさんがおられるから大丈夫。 

これから私は少しずつ身の回りをシンプルにしていくように心がけようと思っています。
まだもちろん人生は続くけれど、欲を持つことと並行して欲を断つことも考えたいです。


想いは共に

久しぶりにみほちゃんと一緒に横浜のおウチに帰られて
お母様はとても喜んでらっしゃることでしょう。
長い間頑張ってこられたお母様も、今は穏やかでホッとされてるはず。
みほちゃんを、ずっとそばで見守るのは嬉しいと思うよ。

みほちゃん、本当によく頑張ってきたね!頑張ったね、偉いね。
背負うべきことの大きさに、負けないように頑張るのは並大抵ではないよ。
その頑張りは尊敬に値するわ。本当によく頑張ってきたね!

みほちゃん、親より先に死なないことは、何よりの親孝行だからね。
今度は自分をちゃんとメンテして、ゆっくりリハビリしてね。

姉さんの言葉

☆さち姉さん

「頑張ったね」って5年前も横浜にかけつけて言ってくれたね。
さち姉さんにほめてもらうとなんでこんなに嬉しいんでしょう。

母が亡くなって1か月が過ぎ、普通の暮らしを取り戻しながらも、時々まだ泣いてます。この世から母が居なくなった現実をまだまだ受け止められないです。
どんな姿になっても、私のことがわからなくても、母は母だった。

さち姉さんの言う通り、親より先に死ねないという強い気持ちが、今までの私の原動力だった。送りだすことが出来てほっとしました。
これからは、自分の体調もちゃんと考えようと思ってます。

さち姉さんも頑張りすぎずに頑張ってください。 また会いに行きます。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク