2015年10月コラボ企画 トワル・ド・ジュイ ペルメルレッスン

完成

奈良から、フランス伝統生地・トワル・ド・ジュイ、フロリレージュのS美さん到着。

翌日にフォト・メッセージボード「ペルメル」のレッスンを開催していただきました。


事前に好みの布を選択。 私はエプロンも愛用中のブランコ少女の柄で。






IMG_5289.jpg

いつものCEPAGEのテーブルに6名着席、もうひとつテーブルを設置して5名。

IMG_5283.jpg

S美さんは奈良でご自身のアトリエを開設。

日本各地でご活躍。 パリでも前回はメガネケースの講習を。

最初

厚紙や額、刷毛や糊を準備していよいよ開始。

さとみさんまみこちゃん

テーブルをまわって、せっせとご指導。

IMG_5293.jpg

綿を挟んで布を厚紙に糊付け、固定。

IMG_5295.jpg

色とりどり、質感も異なるリボンの山から好みのものを選んで、かけかたも自由に。

IMG_5303.jpg

リボンの位置を決めたら、洗濯ばさみで固定して裏面で糊付け。

さとみさんせいこちゃん

先生がひとりひとりのバランスを調整。

S美さんは2004年~2012年、パリのCEPAGEに通ってくださっていました。
日本へ帰られてから、奈良CEPAGEをS美さんのお宅で実施させていただいています。
公私ともに頼りになる、私の大切なお姉さん。

IMG_5307.jpg

飾りのリボンをあしらって。 

IMG_5326.jpg

白木にペイントされた額にはめ込み、完成!

それぞれエレガントに、個性豊かに。

IMG_5329.jpg

隣のテーブルの5作品。

18世紀から今日まで続く生地は、もとはインドやペルシャの更紗の影響から植物柄が主流。

18世紀後半からは田園風景の中で優雅に遊ぶ人物や動物たちも単色でプリントされるようになる。

IMG_5337.jpg

2時間、充実のレッスンを受講したあとは、テーブルをすみやかに片づけてランチタイム。

S美さんのお土産、奈良のみかん酒でカンパイ。

IMG_5344.jpg

①CIDRE ROSE

②SABLET COTES DU RHONE 2013年

IMG_5335.jpg

前菜は、「カレーツナポテト」、「鶏ささみとレタスの梅サラダ」、「蒸し茄子とイカの胡麻和え」

IMG_5340.jpg

メインは「ハヤシライス」

IMG_5342.jpg

デザートは 「ふるふるコーヒーゼリー」



この日、S美先生と11名の生徒さん。ロンドンからの方も。

手を動かし、センスを発揮し、おしゃべりと食事も楽しんだ充実の4時間。




ご参加の皆様、S美先生、秋の思い出をありがとうございました。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました!

ピノミホさん

さきほど、奈良の自宅に戻りました。
今回も、公私ともに大変お世話になりました。

ペルメルレッスン&ランチのコラボ企画に、たくさんの方にご参加いただき、
温かし日差しの差し込む明るいお部屋で、和やかな雰囲気の中、
みなさん、それぞれ思い思いに個性とセンスを発揮されて、
素敵な作品が完成しましたね。

普段、手仕事はあまりされないと仰っていた方々も、
トワル・ド・ジュイの魅力や、手仕事の楽しさを
感じていただけたようで、私にとってもとても楽しく
嬉しいレッスンとなりました。
これもピノミホさんの温かいおもてなし、お心遣いのおかげです。
本当にありがとうございました。

それにしても、ピノミホさんの手際の良いこと!
ペルメルもあっという間に完成させ、
盛りだくさんの美味しいお料理を何品もアッと言う間に、
テーブルに並べてしまう。。。神業ですね^^
さすがです!

フランスのみなさんには、そちらにいらっしゃる間に
ぜひ美しいトワル・ド・ジュイにたくさん触れ、楽しんでいただきたいです。
ジュイ・オン・ジョザスにあるトワル・ド・ジュイ美術館、
美術館の森、美術館までののどかな道も素敵ですから、
12月27日までの企画展開催中に
ぜひぜひ、いらしてくださいね~。

ピノミホさん、これからもどうぞよろしくお願いします!

ペルメル、感激です。

☆Florileges*Sさん

今回のパリも大忙しで走り回り、奈良に戻ってさっそくにコメントをいただき、ありがとうございます。

前回のメガネケースに続き、今回もFlorileges*Sさんのセンスがピカピカに光る素晴らしいレッスンでした。私も皆さんと一緒に興奮しながらたくさん楽しみました。

トワル・ド・ジュイの魅力に皆さん、魅せられていましたね。
額の塗装から布の裁断、厚紙の準備、リボンも贅沢に色とりどり、何から何まで
至れり尽くせりで、Florileges*S先生のお支度、とても大変だったと思います。
あらためてお礼申し上げます。

いつも奈良CEPAGEで、Florileges*Sさんが私にかけてくださる優しさを少しでもお返ししたいといつも思っています。私が出来ることは些細なことですが、これからもパリが大好きなFlorileges*Sさんがずっとずっとここでのレッスンを継続してくだされば有難いです。

今日のCEPAGEでも、ペルメルの話題が出て、ジュイの美術館に行くお話も皆さんで相談しておられました。

休む暇もないと思いますが、旅の疲れが出ませんように。アレンちゃんとゆっくりしてくださいね。






プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク