2015年10月 南西地方のワインで楽しむ秋冬簡単フレンチ

P1120758.jpg

パリの短い秋も終わり、冬が加速しています。

ボルドーの奥地からピレネーにかけてのワイン産地、南西地方。
湯気が恋しくなる季節にぴったりのエリアを特集。

ヴァンヴの蚤の市で見つけたお皿に、CEPAGE刻印入りのナフキンリング。




P1120811.jpg

①BERGERAC SEC  2014年

②PACHERENC DU VIC BILH SEC 2013年

③IROULEGUY  2012年

④CAHORS 2010年

P1120822.jpg

アミューズは

「海老とブロッコリー、いちじくのホワイトバルサミコマヨネーズ」


P1120794.jpg

前菜は

「サーモン大根のレバームースのせ 味噌クリームソース」

P1120857.jpg

メインは

「ふっくらハンバーグ プルーンボルドレーズソース」 スペインの黒岩塩を添えて

P1120800.jpg

フロマージュはピレネー産 「LE HAUT BARRY」 かりんのパテとご一緒に。

P1120803.jpg

デザートは 「ゴマのチーズケーキ」 

P1120846.jpg

ぷちぷちの胡麻の食感と、2種類の生クリームの濃厚な味わい。



今日から日本へ行ってきます。

3回の仕事、自分の通院、母の片付け事、秋を愛でる旅など。


一緒に笑いあいたい人がいる幸せ。

自由な魂と、衰えない好奇心を持って明日の乾杯を楽しみに。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク