秋晴れの港

IMG_5664.jpg

横浜に戻って1週間が過ぎました。

パリは夏時間から冬時間に変わり、時差は1時間広がりマイナス8時間。

山下公園の日時計は海風と共に。





IMG_5460.jpg

羽田から横浜へ、その夜はいつも野毛。

「ウミネコ」の宝石箱のようなお刺身と同じぐらい大好きなかき揚げ。

ご近所仲間の「おかえり」の乾杯は、いつでもあたたかい。


IMG_5471.jpg

ごはんが大好き。シメ炭は、麺類も良いけどお茶漬け最高。


IMG_5503.jpg

広島からの親友を囲んで中華街へ。 香港に行きたくなる艶やかな門をくぐり。

IMG_5497.jpg

何時間でも語り合える円卓。 山椒の効いた四川マーボ。

「一楽」のマダムに、いつかご恩を返せる日が来ますように。

PA200015.jpg

横浜~鎌倉はパリ~ベルサイユな感覚。

江ノ電にゆられて、長谷へ。

PA200018.jpg

長谷寺に3つ、良縁地蔵さまがおられるという。 この日、無意識に2つは出会えた。

PA200028.jpg

端正なお顔の大仏様。 

子供の頃から母と一緒にここに来るのが好きだった。

雨に打たれ、風にさらされても力強いお背中に祈る。

PA200039.jpg

多くの修学旅行、遠足の児童たちに見られても微動だにしないお昼寝ニャンコ。

PA200048.jpg

横浜へ戻って、みなとみらいの鉄の結び目。 ここから見上げる空が好き。

IMG_5548.jpg

馬車道で食す金沢の名物。 

IMG_5634.jpg

地元には、いつまでも続いてほしい名店が多い。

創業昭和2年、釜飯のおかめ。

IMG_5640_201510251251587d4.jpg

この季節は「牡蠣釜飯」や「鯛釜飯」。 

子供の頃、こんなお釜で祖母はご飯を毎日炊いていた。 

炊飯器は要らないといい、炊きたてをおひつに移していた。 おこげを食べながら蘇る記憶。

IMG_5668.jpg

近年、銀色になったマリンタワー。 イチョウ並木が黄色の海になるのはまだまだ先。

IMG_5661.jpg

山下公園にも毎週のように遊びにきていた園児時代。

赤い靴履いていた女の子は今日も海を眺めている。


IMG_5670.jpg

「元町マグロ」でお昼のどんぶり。 マグロはどこの部位も好き。


IMG_5672.jpg

昭和に繋がる扉を開ければ、 昭和40年創業以来変わらないダイニング。



パリから戻るたびに、横浜がますます好きになる。

青空の日中も、夕暮れのスモッグも、夜風のネオンも。

全ての時間が愛おしく映る、自分を育ててくれた土地。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長谷寺。。。
新しく観音ミュージアムがオープンしたらしいですね~
久し振りに行ってみようと思います~

釜飯、美味しそうですね~
子供の頃 おばあちゃんが↑こういうお釜で白米を炊き
塩むすびを作ってくれました!!
塩だけなのにすっごく美味しかったです!!
このお釜を見るとおばあちゃんを思い出します~^^

鎌倉、良いですね

☆うめ吉さん

長谷寺、そういえば、なんだか混んでいました。
また良縁地蔵さんを3体見つけに行きたいです。

おばあちゃんの炊くごはんってなんであんなに美味しかったのか。
ぬか漬けも極上でした。塩辛も。
そんな記憶をいつまでも忘れられないから、永遠に和食が好きなのかもしれません。

ありがとう

今回も横浜を満喫させてもらいました。
ありがとう♪

訪れるたびに大好きになる場所・・・横浜。

今度は主人と行かせてね。

またすぐに来てね

☆さつきちゃん

横浜になじみを持ってくれたら、とっても嬉しいこと。
まだまだ連れまわしたいお店はたくさんあるので、横浜にせっせと通ってね。

次はシロクマ王子ももちろん一緒にね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2周年おめでとうございます

☆鍵コメ ひろみさん

お返事がすっかり遅くなりすみません。
お店、2周年なんですね。おめでとうございます。
夏にはたくさんご尽力いただき、ありがとうございました。また次の関西や広島、
その他の地域のCEPAGEの時もどうぞお力をお貸しください。

昨日パリへ戻りましたが、10月よりもなぜかこの11月、とても温かく、暖房もほとんど入っておらず、猫も家の中の涼しい場所でのんびりしている状態です。
またご夫妻でパリに買い付けにいらしていただくのを楽しみにお待ちしております。

宇治の秋、きっとしっとりと美しいのでしょうね。遠くから想像してます!
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク