2015年11月3日 横浜白楽・ドイツ・フランス ~秋のグルメ街道 にぎわいの森へようこそ

IMG_6128.jpg

秋晴れの文化の日、今回で18回目となるブーシェルでのコラボレーション。

ビール&ワインの知識、ドイツ風欧州料理への興味、大きなテーブルでの温かい交流。

全てを満たしていただける時間が、ここにあります。






IMG_6127.jpg

紅葉坂にお店があった頃から毎回、あゆみマダムが手描きでポスターを。

IMG_6129.jpg

今回のお土産ブロンズのエッフェル塔。 豚さんの紙ナフキンはパリで見つけました。

丸山さん

丸山シェフのご挨拶、ビールと料理の説明。

あゆみちゃん
あゆみマダムのビールの注ぎ方レッスン。

IMG_6131.jpg

乾杯のビールはベルギー製、スタイルはランビック。

「CHAPEAU MIRABELLE」 自然発酵、プラムを使用したフルーティーな1本。

IMG_6148.jpg

「レバーヴルストとハムのムース キャラウエイ入りライ麦パン」

IMG_6132.jpg

ワインは5種類、すべてフランス産。

1本目の白は 「JOEL ROBUCHON SAUVIGNON BLANC 2014年」

ローヌの名門生産者と、世界一星を持つシェフの共同開発。

IMG_6152.jpg

「鴨のスモーク入り 地野菜のサラダ」

IMG_6133.jpg

2本目の白は 「VINUS RESERVE VIOGNIER 2014年」

イル・ラフォルジュなどハイコストパフォーマンスワインを生むラングドックの生産者、ジャン・クロード・マス。

ヴィオニエ種の豊かな旨みがたっぷり。

IMG_6155.jpg

「ポークメダリオンとシュタインピルツ風味の麦のリゾット」

IMG_6134.jpg

赤の1本目はロワールのビオ生産者、ヴァンサン・リカール。

「TOURAINE LE VIRAN 2013年」 

「ル・ヴィラン」=嫌な奴という意味の憎めない小悪魔がニヤリと笑うラベル。

IMG_6165.jpg

焼きあがった姿を丸ごと1本シェフが持ってまわりながら、

IMG_6158.jpg

「秋のパテ・アンクルート」  いちじく、クルミ、クリの入った贅沢な1枚。

IMG_6135.jpg

2本目の赤ワインは、ラングドックのビオ、グルナッシュ100%。

「BASSAC NOSTALGIA 2014年」

IMG_6162.jpg

「牛タンの赤ワイン煮 マッシュポテト添え」 

しっとり、柔らかく煮あがったタンにドイツ風のスパイシーなソースがたっぷり。

IMG_6136.jpg

デザートワインはパリから運びました。

「PINEAU DES CHARENTES ROUGE」 

未発酵の葡萄果汁にブランデー添加で作る、コニャック地方のヴァン・ド・リキュール。

IMG_6169.jpg

デザートはあゆみマダムのお手製、「ショコラーデンムース 洋梨のコンポート添え」

おかあさま

CEPAGEご参加ゲストの最高齢、79歳のエレガントマダム。

優しい生徒さん姉妹と一緒にテーブルを華やかに盛り上げてくださいました。

ご挨拶をお願いしたら

「若い皆さんに刺激をたくさんいただきました。イェ~イ!」    もちろん全員大拍手。

みんなで

麗しの42名の酒飲みの皆さん、 丸山シェフ、あゆみマダム、アシスタント全力で務めてくれたJ子ちゃん、

皆様のおかげで、この日も幸せな乾杯が何回も繰り返されました。

おひとりおひとりが私の大切な薔薇。 ありがとうございます。




昨日パリへ戻りました。日本へ向かった10月よりも、ずっとずっと暖冬です。

甘えん坊になっているトラを抱きながら、ここでの暮らしをまた頑張ります。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク