水が近い町 ~金沢・能登・高山への旅 其の参

IMG_5944.jpg

能登半島周遊から、南下して1年ぶりの飛騨高山。

宮川のほとりの招き猫。






IMG_5949.jpg

高山を再び訪れたいと思った最大の理由、もう一度行きたいお店、逢いたい人がいるから。

IMG_5905.jpg

横浜から、岐阜から、大切な飲み友達とここ、高山で待ち合わせ。

「本郷」さんのカウンターでカンパイ。

カウンターの中で働く若き美しい女性たち。 

オーナーのゆかりさんはまだ30代。私たちの再訪を待って居てくださいました。

IMG_5900.jpg

ワインや日本酒、そして、土地のモノ。 焼いたきのこに生姜が良く合う。

IMG_5898.jpg

厨房を守るシェフたちも若くて爽やか。ひとひねりある創作和食。

IMG_5903.jpg

オーナーがカウンターで盛り込むお刺身。

高山が内陸であることを忘れてしまうほどの新鮮さ。

IMG_5914.jpg

明けてほしくない楽しい夜、何度も繰り返される乾杯。

また高山に戻ってきたい。好きな町がどんどん増えていく。

IMG_5926.jpg

翌朝、宮川朝市へ。

昨年、トラへの土産またたびボールを買った屋台のおばさまが同じ場所にいらした。
嬉しくなって今年も購入。 

さるぼぼを買ったり、りんごを試食したり。

IMG_5968.jpg

古い街並み、重要文化財の吉島家住宅。

IMG_5964.jpg

建築の美、日本家屋の潔さを観る。

IMG_5971.jpg

高山祭りの山車を巫女さんが案内してくださる博物館。

IMG_5975.jpg

からくり人形館も見学。

IMG_5985.jpg

やっぱり、私たちは昭和の子。高山昭和館で懐かしい時代へ。

IMG_5988.jpg

記憶もおぼろげな家電など、大量の昭和物資がここに残る。

IMG_5989.jpg

ちゃぶ台のセットの壁にあった標語。 

IMG_5993.jpg

町屋カフェでお茶を飲み、ホテルで荷物をピックアップ、山とトンネルをいくつも越えて・・・

IMG_5997.jpg

郡上八幡に到着。

IMG_5996.jpg

遅めのお昼は、関西風の上・鰻丼。

舌の記憶に強く刻まれた極上の一品。 Yさんのお誕生日、みんなで鰻でおめでとう。

IMG_6006.jpg

満腹のあとは、ぶらっと散策。

IMG_6000.jpg

旅はみちづれ、世は情け。

IMG_6001.jpg

知らない町歩き、水路が張り巡らされた路地。

IMG_6016.jpg

鯉が清らかな水の堀に泳ぐ。 足元のマンホールも鯉の柄。

陽が傾き始めるころ、横浜へ向かって出発。



2泊3日の深呼吸。 

日本をあらためて好きになる秋。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あぁ!郡上八幡も行ってみたいところなのです!
北海道は本州に比べると歴史が浅いので、
歴史の古い町に憧れます。
この空気感!益々行ってみたくなりました!
水が美味しいところには、美味しいものがありますよね~♪

昭和館の洗濯機に思わず笑いました!
そうそう、くるくる回すハンドルw
小さい時の記憶?おぼろげながら覚えてます♪(●・´艸`・)、;'.・ ププゥ

パリもいつか行ってみたいところです。
ツールドフランスの最終ステージを、
シャンゼリゼ通りで見てみたい!
早く元気なパリになりますように。

郡上八幡

☆りえりん♪さん

郡上八幡をご存じでしたか。私は実は全然知らなくて、連れていってもらって初めてその良さに感激しました。 食品の蝋のサンプルを作るお店もあったり、町の庁舎が渋かったり、美味しそうなお蕎麦屋さんもたくさんありました。
なにしろ、この鰻屋さんは驚きの味で、今すぐこれを食べに再訪したいぐらいです。

高山昭和館は、かなりな見応えで、昔の小学校の1室みたいなのもあり、こんな机だったなーと思いだして楽しめました。昭和のレコードコレクションも凄かったです。お若いりえりん♪さんが、洗濯機を覚えているなんて!

今日のパリは青空で冷え込み厳しく今、3度です。 少しずつ元気を取り戻していますので、これからもパリを好きでいてくださいね。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク