高畠ワイナリー&タケダワイナリー

DSC02005.jpg


会津東山温泉を朝、出発し山形県へ北上します。

米沢近くの高畠ワイナリーにお昼前には到着。


数年前、幕張のFOODEXで試飲させていただいてから、このワイナリーが気になっていました。








DSC02011.jpg

観光バスで訪問なさる方も多いという東北屈指のワイナリーで、見学順路もわかりやすいボードがあちこちに貼られています。


小さい頃の社会科見学の気持ちになるような順路。

ガラス張りで、いろいろな機械が動いている様子が良くわかります。


DSC02009.jpg

コルクの元になる原皮。

これから円柱形のコルクがくり抜かれていきます。



DSC02013.jpg

ブレンドワインの配合比率もこの部屋から生まれています。




DSC02014.jpg

訪問なさっている方々は、比較的ご高齢の方が多いのです。

日本酒やビールとは違うワインを嗜好のひとつに取り入れる積極性、すごいと思いました。



DSC02018.jpg


こちらは広い試飲場とお土産売り場。


甘いワインが人気のようでした。



DSC02028.jpg


畑のそばには薔薇の木が。

病気になりやすい(害虫もつきやすい)薔薇は、ブドウの身代わりになって先に発病します。

ボルドー地方も、ブドウと薔薇が共存し美しい畑を作っています。




米沢には昔からお世話になっている大家族が住んでいます。
今回会いに行く時間がなかったのですが、高畠ワイナリーからはすぐのはず。

新高湯、赤湯温泉、米沢スキー場、蔵王スキー場・・・
学生時代からの思い出がいっぱいのこのあたり。



DSC02047.jpg


次に タケダワイナリー (通称蔵王スターワイン)を訪問。




DSC02031.jpg


13時半からのワイナリーツアー、山形北部のネギ農家のご一行さまと周ります。




DSC02038.jpg



地下の湿ったカーブには、木樽がたくさん。



このワイナリーは女性醸造家がオーナーで会社の目の前の斜面にメルローの畑が広がっていました。




DSC02039.jpg


こちらはヴィオニエの畑。 国内で唯一、ここが成功している品種だと同行の方に伺いました。





DSC02044.jpg


試飲室には、各種ワインがそろっていて、いろいろ飲ませていただけます。


壁には「日本ワインを愛する会」のポスターが。

その中に、尊敬しお慕いする有坂芙美子女史(ワインジャーナリスト)のお名前を発見。






DSC02049.jpg


近くの個性的なお蕎麦屋さん、「想耕庵」へ。




DSC02054.jpg

鴨の温かいおつゆのつけそば。 この前につきだしとして、地元の野菜のおひたしや煮物など3品をいただけます。




DSC02055.jpg

天ぷらはサクサク。 

お庭を眺めながら、美味しくいただきました。



おそばやさん


お蕎麦屋さんのご主人は、気さくで味のある方でした。

古い座卓や、兜、箪笥・・・・インテリアも素敵です。
昭和30年代の冷蔵庫を見つけて、話が弾みました。





ココファーム、高畠ワイナリー、タケダワイナリーと関東以北のワイン産地をめぐる旅はここで終了。






私はここからさらに北上、宮城県石巻、母のもとへ向かいます。





数日間、ワインの勉強、日本の秋を特別に堪能させていただきました。

関係者の皆様、ご案内下さった皆様に深く感謝いたします。

ありがとうございました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私はお勉強できそうにない(*。*);

ピノちゃんおはよーv-481

ワイナリーv-272v-258巡りをしたら、私はきっと味見で精一杯で、
何にも頭に入らないだろうなーv-394

その上こんなに美味しそうなお蕎麦v-373(ラーメンですけど)を頂いたら、
今度はお蕎麦で頭が一杯v-393
もう少し頭を鍛えv-91なくっちゃv-395

日本のワイナリーも良い感じですね、私もワイナリー巡りがしたいですv-363v-363
って、言ってないでその方向で考えようv-426

ピノちゃん、関西の小学校v-205v-206の修学旅行は昔はみーんな「お伊勢さん」でした。
中学校ではかなり違いが出てきて、私は富士箱根伊豆v-456でございました、
高校では北海道。。。v-48あーーー今朝はここで時間切れv-12

伊勢神宮

☆小鞠ちゃん

いつも出勤前のお忙しい時間にも愛を込めたコメント、ありがとうございます。

ワインのテイスティングに最適なのは、ほどよく空腹の午前10時ごろらしいです。ソムリエ試験もその時間にスタートだったと記憶してます。

小鞠ちゃんほど美食家で、ワインもいろいろ飲んでおられる方は、
その気になって集中的に記憶をまとめていけばプロの実力が
充分に身についていると思いますよ。

関西からの修学旅行、「お伊勢さん」ですかー。可愛い言い方ですね。一度、伊勢神宮、伺いましたがまたいつか行ってみたいと思っています。美味しいお店がずらりと並んでいた記憶が。。。♪

いろんな体験すごいね!

みほさん、こちら冬時間になって暗いパリから活動的な日本の秋満喫レポート拝見してます!
日本のワイナリー訪問も面白そうー”ワインのできるまで”ってすごく日本的!!(昔行ったアサヒビール工場見学を思い出した!)農家の御一行様がたくさん見学されるのね。でも私の一番の感動は、葡萄畑のバラ。。。葡萄の身代わりになって先に発病するなんて!大好きなバラが、美しいだけじゃなくそんな健気な活躍をしていたなんて!母親の様に、、、、
色々見た後の試飲はまた違う味わいがあるでしょうね。作り手の顔が見えるとなおさら。みほさんのワインの知識もさらにレベルアップだね。
まだまだ素晴らしい体験が続きそうだけどたくさん食べて飲んで見て元気にパリに帰って来てね。待ってるぞ~!!
★あ、わたしも関西なので、小学校の修学旅行は<お伊勢さん>でした♪ふふ。。


同じ“会津訪問”でも

会津、本当につい先日、v-527ひろんちゃんが行ってきたばかりなのです。

しかし、会社関係者ばかり(つまりはv-527も含めおっちゃんばっかり・爆)でしたので
今の大河ドラマの舞台となっているものだから、そっち方面ばっかり追いかけて。
ワイナリー、行ってきて欲しかったわ~・・・・・。

お蕎麦はお土産で買ってきました!
山形のお蕎麦もとても美味しかったです。
このピノちゃんが召し上がってらっしゃるお蕎麦も見ただけでノド越しよさそう!

魔女会で語るわよー。

☆k-coさん

冬時間に変わって朝がつらい日々がパリに来たねー、元気そうで何より。こちらはまだまだ汗ばむぐらい。
今から2回目のCEPAGEに出動しまーす。

薔薇、いい働きしてくれるでしょう。私も最初はボルドーで、ただ飾りのために薔薇があると思い込んでいたの。でも理由を聞いてさらに薔薇にもブドウにも惚れました!

あと10日で帰るけど、まだまだ食欲とどまること知らず。
そして体重も天井しらず。怖いです!!!





天地人

☆かづちゃん

ひろんちゃんも訪問なさった場所でしたかー。
会津若松の鶴ヶ城、天地人一色な感じでした。
でも、そのお城を見学したときに、建立途中で計画が中止になった
もうひとつの幻のお城の話をビデオで見たのね、それがすごく心に残ったの。
明治維新・・・あの時代は会津藩にとって激動だったのね、って。

ベタな観光って実は私、すごく好きで、いろんな展示も食い入るように見てしまうから時間がいつもおせおせです。

お蕎麦、美味しいところ、たくさんありますねー。
このお蕎麦屋さんはお味も雰囲気もすごーく良かった。
また再訪したい!と思いましたよ。かづちゃんもぜひ!









No title

毎日楽しみに見てます。日本は良いお天気みたいですね。
パリは冬時間に変わって朝晩がぐっと冷えこむようになりました。
お料理の写真の腕も上がってどれもとても美味しそうですね。
お料理が運ばれてきたときにすぐに食べたい衝動を抑えてまず写真、、って以外と難しいですよね。

でもその写真を楽しみにしている人がたくさんいるので我慢、我慢で写真撮りつづけてください。

ワインの木のそばに植わっているバラの木、、そんな理由があるとは知りませんでした。
いつかフランスでもワイナリーツアーを企画してください。

頑張りますー。

☆理恵子さま

さきほど今回2度目のCEPAGEを済ませて帰宅しました。
今回は夜の部で、あと3回は昼なのです。

今日は夜になっても気温が高くて、窓を開けて長袖のシャツ1枚で働いても汗ばむ気候でした。

お料理写真、ボロデジカメで画面がぶるぶるしながらも、必死で撮ってますー。目上の方と一緒のとき、カメラを取り出して写真を撮ってもよろしいでしょうか、と伺うタイミングをはかっています。

美味しいものをまだまだ食べ続けて、理恵子さんに目でごちそうしますね、いつも見てくださってありがとうございますー。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク