冬の玉手箱

IMG_7721.jpg

快晴の日曜日、ヴァンヴの蚤の市を2時間ほどお散歩。

以前も見つけたパリのバス&メトロ職員の制服の古いボタン。

角度によって人の横顔に見えるデザインは、 パリ市と中心を流れるセーヌを表している。










IMG_7722.jpg

ずらっと並んだキャニスターやカフェオレボウル。

IMG_7724.jpg

誰かが一針ずつに心を込めた美しい刺繍。

IMG_7725.jpg

小ぶりのロッキングチェアと帽子。

IMG_7726.jpg

陶器製の猫、ウチの子に似た子は居なかった。

IMG_7727.jpg

味わい深い缶たち。 

IMG_7729.jpg

店番の少年、寒い中で読書中。

IMG_7730.jpg

良いことをした時に先生からいただくカード。

息子が幼稚園や小学生だった頃、こんな仕組みがあることを知った。

年度末に「ボンポワン」のカードをたくさん持っている子は表彰されていたっけ。

IMG_7731.jpg

季節を問わず、店番のムッシューたちはここで盤ゲームをしている。

IMG_7732.jpg

アラブ・アフリカの変わったオブジェの屋台もあり。

IMG_7733.jpg

たんぽぽ色の家具セット。 ついお値段を聞いてみたくなる。

IMG_7734.jpg

ワンコ連れの人も多く。

IMG_7735.jpg

いつも笑顔でギターを奏でるムッシュー。 この日はオルガン弾きのお爺さんは居なかった。

IMG_7736.jpg

手前は牡蠣専用プレート。 アスパラガス専用など、用途の決まったお皿も可愛い。

IMG_7737.jpg

山積みのお人形。 ドレスがどれもおしゃれさん。

IMG_7739.jpg

このセットも布地が好み。 

20代の頃、パリへ来たばかりの時に購入したベストがこんな布地だった。
着ることもないけど、今でもクローゼットにかかっている。

IMG_7740.jpg

ミニチュアの兵隊さん。 侵略の歴史のヨーロッパ、今は平和をひたすら祈る。

IMG_7743.jpg

連れ帰った宝モノ。

牛さんのバタートレイや、クリスタルのナイフレスト。 1930~40年代の輝きが現代へ。

IMG_7744.jpg

年末に郵便局の職員が寄付と引き換えに置いていってくれるカレンダー。

1971年のはコンコルド。 空港近くで事故が起きた当時も私はパリに暮らしていた。

IMG_7745.jpg

ハサミのような形状は、ろうそくの炎消し。

ふーっと吹き消すのではなく、この道具で炎をカット。 そんな動作が実にエレガントな国。

IMG_7746.jpg

50年代の猫の絵本を2冊。

3脚の腰掛は1920年代頃のものらしい。

家に持ち帰り、よく洗ってリビングに置いたら猫たちが交互に乗っていた。



立春を過ぎても風はまだ冷たく、しもやけになりそうな頬をショコラで溶かす。

愛おしく思える生活雑貨に囲まれて、巴里がますます好きになる冬。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回もどれも素敵なものばかり!
どんな人が働いて、どんなお料理が乗っていて、
どんな人が腰かけていたのか。。。。?
そして誰に抱っこされてたお人形だったのかな?
なんて画像を一枚一枚拝見させて頂きながら、
色々な思いを巡らせたり。
それもアンティークを楽しむ要素かもしれませんね♪(*´ω`*)
牛さんのバタートレイ可愛い~♪
こんな洒落が効いてるのもパリ流なのかしら?
使う度に楽しくなっちゃいますね♪(●・´艸`・)、;'.・ ププゥ

ガラクタの楽しみ

☆りえりん♪ さん

ずっと昔、初めて蚤の市に行った時は何もピンとくるものもなく、どうしてこんなガラクタが売られているんだろう。。。って不思議に思っていました。
何度も散歩に行くうちに、不思議と自分が好きなモノ、興味があるモノがガラクタの山の中に浮かびあがって見えてくるようになりました。
そして、いつの間にか趣味:蚤の市散歩になってしまいました。

誰かの大事だったモノをもう一度、自分の手で大切にする。おっしゃるとおり、妄想・空想の世界で、モノのもともとの持ち主をイメージしたり。

日本在住の友人へのお土産を見つけることも多いです。
今回、牛のバタートレイは某牛乳メーカーにお勤めの友人へのプレゼントです。

桜子ちゃんの写真で時々写っているりえりんさんのお宅、可愛い雑貨が綺麗に飾られていてとてもセンスが良いですね。パリの蚤の市もきっと気に入ってくださるはず。一緒に歩きたいです。

No title

お皿にお料理がのってる風景が目に浮かびますね~
ニャンズへのお土産も、時代をこえた逸品ですね

ほっとした案件

☆とら猫の母さん

先代トラの時、ずいぶんと「使わなかったモノ」が多かったので、今回この椅子を買う時も「トラ、ハナ、乗るかなあ・・・」と若干弱気でした。が、ハナが特に気に入っていつもこの上に居ます。

とら猫の母さんのブログを見て、私も猫ベッドを選びたくなっていますが、探すなら春~夏用ですよね。
まだぬくぬくが恋しい時期、東京は今日、気温がとても高いと聞いてます。とらくん、春を感じているかな。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク