手が笑う時間 ~巻き寿司、パン、お菓子レッスン 

IMG_7554.jpg

1月から2月にかけて、ワインレッスン以外の講習を数多く実施しました。

異国の地で、和みながら、笑いながら、自分の手でひとつずつ。





IMG_6745_20160213153941fcc.jpg

1月9日、年明け最初の仕事はお子様お菓子レッスン。

ラム酒漬けのレーズン入りのパウンドケーキ、デコレーションもそれぞれの個性で。

IMG_6747_20160213153942601.jpg

お持ち帰りラッピングをする子供たちの表情は、どこか誇らしげで輝いています。

IMG_7310_20160213153944623.jpg

お子様パンレッスンも、毎週土日に続きました。

小学1年生以上の男の子、女の子、1クラス6人ずつ。

IMG_7080_201602131539434e2.jpg

日本人学校・中学2年生クラスの貸し切り日。

「ウインナーロール」「明太ポテトロール」「あんぱん」

IMG_7414_201602131539468fe.jpg

小学1年生~4年生の混合クラスも、難しい成型にトライ。

「カマンベールとスモークサーモンのミニ食パン」「お魚フライパン」「シナモンレーズンロール」


IMG_7422.jpg

大人向けのパンレッスン日、「クリームシチューパン」

IMG_7423.jpg

「ベーコンエピ」 応用で、「スライスチーズ&海苔エピ」

IMG_7426.jpg

大人クラスはランチ付き。 シードル、具だくさんスープとサラダもご一緒に。

ふわふわ焼き立てのパンを味わっていただきながらお友達も増やして。

IMG_7500.jpg

月末の子供パンレッスンは、難しい課題、「メロンパン」「クリームパン」

IMG_7513.jpg

クッキー生地もサクサク、中はしっとり、子供たちの作品の完成度にうっとり。

IMG_7552_20160213154045154.jpg

2月3日の節分に合わせて、1日から3日連続の恵方巻スペシャル講習。

毎日6人ずつ、巻いて巻いて、幸せをめいっぱい巻いて。

IMG_7557.jpg

巻いたあとは、ランチ時間。 私がサンプルで巻いたものを切り分けます。

皆様の作品は、南南東を向いてご家族の胃袋へ。

IMG_7715.jpg

2月最初の土曜日は、パン作り大好きな小学4年生女子貸し切りクラス。

大人クラス同様の「クリームシチューパン」と、愛らしい「マロンクリームパン」

IMG_7765.jpg

2月9日火曜日、小学3年生ママさんグループの巻き寿司貸し切りレッスン。

海老天をまっすぐに揚げるコツ、仕込み説明からスタート。

IMG_7766.jpg

「ごちそう太巻き」「海老天ロール」「フィラデルフィアロール」「カリフォルニアロール」

IMG_7769.jpg

ロゼのシードルで乾杯。 

おひとり4合ずつのごはんを巻ききって、お帰りはずっしり愛をお持ち帰り。




外国に暮らさなければ、作らないかもしれないモノ。

日本では手軽に買えるお惣菜パンや巻き寿司、外地では自分の頑張り次第。




自らの「手」で覚えていく、楽しい挑戦。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すご~い♪

とってもおいしそうなパンに巻きずし
ワタシも、ピノミホさんに教えてほしい~

ほんと、今の日本では、巻きずしは簡単に変えます。
実は、ワタシも節分の巻きずしは、毎年買っています。
なんか恥ずかしいなぁ~
来年は、自分の手で巻けるように頑張りマス

No title

わあ~♪美味しそう~!ヾ(*´Д`*)ノ
ほんとお子様の可能性って無限大。
それぞれの感性で素敵に仕上がってますね~♪
私は恵方巻きを売る側の人間なので(笑)
自分の分も買いましたけど。。。。
はっきり言って美味しくなかった(笑)
やっぱり食べてくれる家族を思って自分で作るのが一番美味しいですよね♪^^;
異国の地で、皆さま楽しい節分を過ごされたのですね♪(*´ω`*)

巻き巻き時間

☆夢人さん

巻き寿司レッスンは6人のマダムズと私でリビングの楕円のテーブルで実習するのですが、最初の1本が
巻きあがった瞬間の皆さんの歓声が可愛くて可愛くて、自分も一緒に感動しています。
シャリを伸ばすコツや、具材を置く位置、巻くときにずれないようにする要領など、ポイントをお伝えしています。

母が東北出身ですが私は横浜育ちで、私が日本で暮らした頃は今ほどに恵方巻ブームもなく、実際、こっちへ来るまでエホウマキという言葉も知らないぐらいでした。
これも、ひとつの楽しい行事として、これからもずっと幸ある方角を毎年向いてかぶりつきたいです。

北海道の恵方巻

☆りえりん♪ さん

お子様たちのレッスン、技術的なこともですが、情操的に楽しみを膨らませる時間になっています。
小学1年生の小さかった手が、少しずつ成長して、オトナ並みにいろいろなことができるようになるのを
見守るのが楽しくてたまりません。お子様レッスンは、先代トラも今のトラハナもマンパワーでして、
発酵、焼成時間に子供たちはネコと遊び盛り上がっています。

北海道の恵方巻、きっと想像を超える豪華さでしょうね。憧れの海鮮恵方巻・・・いくらとかカニとか
ホタテとか、これでもかと入れて巻きたいです。

来月のひな祭り前には、飾り巻き寿司レッスンを実施予定で、「桃の花」と「薔薇巻」を作ります。
日本の行事、ささやかにパリでも取り入れて頑張ります。


プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク