春を引き寄せる道 ~長野・岐阜への旅 其の弐

IMG_9258.jpg

飛騨古川から、高山へ。

3回目の古都は、この日も空気が柔らかかった。 

水と山と空と。  人々の変わらない暮らしがいつでも身近に感じられる地。





IMG_9264.jpg

連休明けでも、まだいつもよりも賑わっている。

黒い格子戸の中には、気になる猫雑貨がいっぱい。

IMG_9267.jpg

和モダンなカフェや、造り酒屋、味噌屋さんなど。

IMG_9274.jpg

バギーじゃない、「乳母車」。

古物商には、布地や器が山積み。 江戸から明治の日用品を、今、自分の手に引き寄せる。

IMG_9286.jpg

夜は、若き敏腕ソムリエール・ゆかりちゃんの「本郷」へ。

名古屋から、遠方から、地元から幅広く愛され、賑わう名店。

IMG_9293.jpg

飛騨の春をカウンターでいただく。 半年ぶりにまた、ここに座れた喜び。

IMG_9301.jpg

貴重なお酒で、運気を上げる。 箸を動かし、口を動かし、魂で消化していく。

IMG_9311.jpg

翌朝は、宮川朝市。 いつもニャンズのお土産は手編みのまたたびボール。

IMG_9323.jpg

高山に別れを告げ、奥美濃・郡上八幡へ。 日本最古の木造再建城は、昭和8年造。

IMG_9333.jpg

天守閣から市街の眺望。 

IMG_9343.jpg

魚寅さんの鰻上丼。 昨年10月に初めていただき、舌が震えるほどに感激した。

表面カリっと、中はふわっと、絶妙なタレとごはんのバランス。 

食べ終わると丼の底に「感謝」の文字が現れる。 鰻好きの自分にとって、過去最高の丼。

IMG_9351.jpg

帰り道、新東名から見えた富士山。



フランス~日本の時差にボケることもなく、春の立ち上がりを胃袋で感じた旅。

空間移動が、やる気エンジンをどんどん加速させてくれる。

まだまだ、走れる、踏み込める。



車窓を流れる空が、桜色に見えてきた。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

春を満喫できましたか?
霞がかった空の色の写真は、それだけでも春を感じます
「うなぎ」おいしそ~←うなぎ大好き!

トラハナちゃんによろしく

鰻の極意

☆とら猫の母さん

おとといパリへ戻り、昨日は一日中トラハナと遊んで、一緒に昼寝して、ねこになって過ごしました。
トラハナをもらい受けてから、初めてこの子たちと離れましたが、思った以上に切なくて、日本でも毎日写真を見てました。トラは300g大きくなって、ハナは変わりなしでした。
7日にハナ、手術です。 

とら猫の母さんも、鰻、お好きなんですね。私は、食べ物に一切好き嫌いがないのですが、鰻は、
「猛烈に好きなモノ」のトップに君臨します。こんなに美味しいモノがこの世にあることが、もう
たまりません。 半年に一度でも、この鰻を食べることができたら、きっと長生きが出来そうです。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク