帽子を変える時期

IMG_0692.jpg

4月2日に、羽田空港からパリ・シャルルドゴールへ。

いつものパリ暮らし、しばらくは春休みのお子様パンレッスンを連続で実施。

週末は、少しだけのんびり。 

最寄りの郵便局の外壁タイル、消印マークが好き。



IMG_0535.jpg

色とりどりのチューリップが並ぶお花屋さん。 

IMG_0536.jpg

朝市では、夏色トマトが籠盛りで。 

IMG_0539.jpg

春を告げる野菜と言えば、ホワイトアスパラ。 4月のCEPAGEの前菜でも登場します。

出始めの3月に比べて、だいぶ買いやすいお値段に。

IMG_0533.jpg

派手すぎてさせないであろう、雨傘。

IMG_0544.jpg

朝市の屋台、春夏モノ帽子の山の中から見つけて、かぶって帰ってくる。

IMG_0546.jpg

別の屋台で、もうひとつ。 黒いゴムのリボンに大小のパールが縫い付けてある。

「これを外して、好きなスカーフを巻いても可愛いわよ」 売り子のお姉さんがくれるアドバイス。


IMG_0693.jpg

裸だった木々に、緑が芽吹いてきた。

新しいかっこいいベンチが設置されていた。 街は少しずつ、変わっている。

P1000173.jpg

フランスの大掃除は、この季節。

住民のガラクタ市・フリマもあちこちで開催される。 こちらはウチのすぐ近く、パリ15区。

1日限りの特設市。

P1000176.jpg

売り手も買い手も、おしゃべりが好き。

P1000178.jpg

豚さんの貯金箱は、ブーシェルの丸山夫妻へのお土産。 

京都へ行ったことのあるムッシュー、豚さんに向かって「気を付けて行けよ。」

P1000179.jpg

連れ帰ったお宝たち。 チーズプレート、アルミのボード。

P1000186.jpg

オールドデュラレックスのバターケースや、ビールメーカーの灰皿、テキーラグラス。

P1000190.jpg

フランスの地方別郷土料理の本。 7冊セットで2ユーロ。

P1000212.jpg

良く晴れた日曜日は、パリ5区のがらくた市へ遠征。 めったに行くことのないエリア。

P1000200.jpg

段ボール箱の中から、掘り出してみたり。

P1000201.jpg

無造作なガラクタの中に、きっと気になるものがある。

P1000211.jpg

デッドストックのボタンたち。 手芸をしてみようかという気持ちになる。

P1000213.jpg

1952年の暦帳。 60年以上昔の日の入り日の出や、占いや、イベント情報が満載。

P1000217.jpg

ウチの子になったものたち。

コレクションのLOTOの灰皿。 GIEN製。

P1000221.jpg

ハートの持ち手が可愛い塩胡椒入れ。葡萄の細かいレリーフ入り水差し。

P1000222.jpg

家具に描くトールの手法の写真集。 北海道の猫ブログのお友達へ、いつか送りたい。

刺繍の本も日本の友へ。

P1000223.jpg

60年代の婦人生活雑誌。 「すてきな奥さん」的な、家の中のことが全部載っている。



気温はまだまだ低く、午前中はヒトケタ代。 ロングのダウンを着ていたり。

それでも、パリの重たい八重桜がようやく満開に。



心がけるのは、空を見上げるゆとり。

小さなバルコニーに鉢植えを並べてみる。

半袖、サングラスの季節が待ち遠しい、春のたちあがり。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつも素敵なパリ♪

おぉ!!さすがパリ!!
がらくた市も素敵ですね。
それに、ピノミホさんは、素敵な物を見つける天才ですね。
今回のお写真で気になったのは
派手な雨傘。
『ザ・パリ』みたいなデザインでいいですね。
こんな雨傘さして、我が田舎を闊歩してみたいです(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お花屋さんはどこの国でもほぼ同じ季節を感じます
もちろんディスプレイはダイナミックですが

トマトすご~い
ホワイトアスパラは日本では高級品!

空の青さが
季節が間違いなく夏に近づいてる証拠ですね

市場で売っているモノたち

☆夢人さん

久々に蚤の市・ガラクタ市巡りに燃えた4月でした。
探したいものにはなかなか出会えませんが、思いがけない宝物を連れ帰ったりしています。

派手な雨傘、朝市には食品だけでなく、雑貨がいろいろ並びます。
もともとフランス人は、少々の雨では傘をさす習慣がなく、ほとんど人が傘を持ち歩いていません。
このど派手な傘、誰がさすんだろう?と思いつつ。
大きなスーツケースに斜めにして持ち帰れるようなら、いつかパリでぜひコレをご購入なさってください。日本ならとても目立つことうけあいです。



6月にお届けします!

☆鍵コメ りえりん♪さん

ご住所詳細ありがとうございます。 6月中旬に日本へ戻るときに、運んでまいります。
りえりんさんのモンマルトル風アトリエの片隅に置いていただける日を楽しみに。

オランダのヒンデローペンは一度、行ったことがあります。シックでステキなペイントでした。

北海道と同じぐらいパリも今、寒くて、ハナトラはヒーターにはりついております。
5月になると急に夏日になったりもするのですが、今朝はなんと2度でした。びっくりです。



お花屋さんだけが春爛漫

☆とら猫の母さん

お花屋さんの品ぞろえ、一緒なんですね。チューリップがこの前は10本で5ユーロでした。

ホワイトアスパラ、3月はとてもお高いけど今はどんどん値下がり中。
キロ当たりで15ユーロぐらいでしょうか。最高値の時期の半額以下。 これからもっと安くなります。

空は今日も青くて、雲ももくもく夏みたいなのですが、いかんせん気温が上がらず。
今もお昼どきで、10度もないぐらい。まだダウンのロングコートで買い物に出る状態です。
ねこたちは、窓際のひなたでぬくぬく寝ております。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク