フランスの庭 オルレアンの風  其の弐

P1000723.jpg

荘厳なゴシック建築、オルレアン大聖堂。

悠久の時を経て、なお、ここに残る当時の人々の御心。







IMG_1077.jpg

2日目の朝、雲一つない青空が広がっていた。

IMG_1081.jpg

可愛らしいジアンの食器に、フルーツや上質のバター、ジャムの朝ごはん。

P1000698.jpg

10時過ぎから連れていっていただいたのは、オルレアンの隣町で開かれているフリーマーケット。

P1000705.jpg

この町に住む人が、自分の家の不用品を並べている。

破格の値付け。 わくわくするような日常雑貨に次々に出会う。

P1000714.jpg

S家に戻って、Nちゃんのピアノ演奏を聴かせていただく。 小さな手の芸術。

のんちゃんと。

ジャンヌダルクの像が置かれた広場へ。

IMG_1082.jpg

イタリアンカフェでランチを。

IMG_1083.jpg

あつあつ、チーズたっぷりのラザニア。

P1000715.jpg

市電の通るメインストリートを歩き、

P1000721.jpg

レース細工のような石造り、オルレアン大聖堂に到着。

P1000724.jpg

窓も梁も、床も、壁も。 この中を歩き、この中で祈った無数の人々がいる。

P1000725.jpg

少し前まで、ジャンヌ・ダルク祭が開催されていた。

P1000726.jpg

オルレアン公の領地それぞれの旗が飾られ。

P1000733.jpg

大聖堂のすぐ脇に佇んでいた葡萄を持つ銅像。

P1000735.jpg

ロワール川沿いの道へ下りていく小路。

P1000736.jpg

壁に見つけた、「かつて、ロワールは・・・」の石版。

川面を見ながら、4人で歩き、 駅まで送っていただいた。

電車の車両まで一緒に荷物を運んでくださって、優しい家族とお別れ。

IMG_1092_20160521045049092.jpg

オーステルリッツ駅からパリ15区の自宅へ戻り、朝のフリマの宝物を並べる。

IMG_1102.jpg

くんくん、これは誰のもの?何をするものにゃ? ハナとトラが不思議そうに寄ってくる。



日本の友人が天国へ旅立ったり、家族のことで考えることがあったり、

いつもよりも眠れない日も多かった5月。




オルレアンからパリまでの車窓から見た黄色い菜の花畑。

2日間の充実時間が、希望の風をくれた。



Dちゃん、Aちゃん、Nちゃん、 幸せな週末をありがとう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

訪問のみですみません

フェイスブック

☆鍵コメ chibigureさん

FBのメッセージでご連絡しました。ご連絡先、お待ちしてます。

少しでも休養してください

☆とら猫の母さん

猛烈にお忙しい中でもブログを見に来てくださってありがとうございます。
トラくんとの癒し時間、たくさん確保できる日が来ることを祈ってます。

からだを壊さないようにしてくださいね。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク