石の聖書 ~バルセロナへの旅 其の弐

P1000936.jpg

未完成の聖堂、サグラダ・ファミリアの内部。

今回の旅の一番の目的は、ここを訪ねることでした。


P1000885.jpg

2日目の朝ごはんは、ホテルの前のカフェテリアで。

大好物のエッグ・ベネディクト。 お皿がスペインらしい。

周遊バス

カタルーニャ広場から、乗り降り自由な2階建ての観光バスに乗り。

P1000898.jpg

市内をきょろきょろしながら、サグラダ・ファミリア教会へ。

入場券を9時過ぎに購入、チケットに記載された予約時間にまた再び戻ってくるシステム。

私たちの内部見学券は、13時30分から。

P1000917.jpg

再びオープンバスに乗って西ルート、東ルートを乗り継いで2時間ちょっと。

モンジュイックの丘から海沿いのバルセロネータなど、市内の要所は全てカバー。

P1000924.jpg

ゴシック地区を抜けて、

P1000925.jpg

バルセロナのランドマーク。

人々の現世での罪を償うため、聖家族に捧げる教会として1882年に着工。
今なお建設が続いている。

2代目主任建築家、ガウディ。 生涯のすべての情熱を注いだ未完の世界遺産。

P1000928.jpg

20年前に見上げた時は、食べかけのとんがりコーンのようだった。

完成まで100年以上かかるだろうと言われたりもしたが、2026年頃の完成予定とされている。

saguradafamiria.jpg

内部に入ってみる。 柱は樹木がモチーフ。 

石造りなのに、まるで森の陽だまりにいるかのように、あたたかい。

P1000941.jpg
P1000944.jpg
P1000948.jpg
P1000953.jpg

ステンドグラスがはめこまれたのは最近だと聞いたが、どの窓からも幸福の光がさしこむ。

P1000959.jpg

床も壁も、扉も、細部にわたってすべてが芸術。

P1000966.jpg

縦横斜め、合計はどの列も33。

P1000968.jpg

ガラス製のマグカップ。自分への記念に。

P1000975.jpg

外に出て、何度も何度も振り返る。 また完成した時に、必ず見に来よう。

P1000976.jpg

グラシア通りに出て、TORRES直営のワインカーブ・テラスレストランでランチ。

チリでスペインのトーレス社が作る発泡酒で乾杯。

P1000980.jpg

マグロのタルタルや、クロケッタ、カタクチイワシのフライなどをつまみながら。

P1000983.jpg

華やかな香りのヴィーニャ・エスメラルダを運んでくれたお兄さん。

P1000990.jpg

夕方近くにグエル公園に向かうも、入場制限であきらめる。

バスに戻ったら、突然の雷雨。 バスのオープンデッキから下に速やかに避難。

P1000997.jpg

ホテルへ戻って、21時過ぎからの夕食は朝ごはんと同じ店へ。

P1000998.jpg

カヴァやビールで、シーフードパエリヤ、イカスミパエリヤ。

晩御飯

陽気なギターの3人組がテーブルをまわってくれる。

P1010001.jpg

23時過ぎ、ジェラートで乾杯。

この日も1日中、笑ってた。


エネルギーが凝縮した街で過ごす日曜日。

夢の中でも、モデルニスモ建築のタイルや装飾に心が躍る。





其の参に続く。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

5年前になるでしょうか~
バルセロナ行きましたよ~
「サグラダファミリア」の聖堂に足を踏み入れたとき
あまりの静謐さに息が一瞬止まりました
何度でも行きたい場所です

追伸
パリの豪雨のニュースがコチラでも流れてます
大丈夫でしょうか?

ご無沙汰です

スペイン旅行の記事で、ミホさんの元気そうな様子が分かって
安心しました。
乳癌の手術後5年が過ぎたけど、変わりありませんか?
それとセーヌ川の洪水のニュースを見て、それも心配ですが
ミホさんのお家の方は大丈夫?

私の方は、季節の変わり目と低気圧が近づいた時に頭痛がしやすいけど
病院で貰った薬のお蔭で前ほど長引くことはなくなりました。
今年は息子の就活が始まるから、また少しストレスを感じそうだけど、
うまく気分転換しながらやり過ごそうと思ってます。

ミホさんも身体に気を付けて、元気で過ごしてね。

パリの洪水

☆とら猫の母さん

5年前に行かれたんですね。ここ数年で急激に工事が進んだらしいです。内部はほぼ完成に近い。
私は20年ぶりぐらいのバルセロナでしたが、前回行った時は息子がまだ小さく、ちょろちょろする息子を制御するのに必死で余韻に浸って眺める余裕もなかったように思えます。
今回は友達とのんびり、バルセロナの建築物のおもしろさをあらためて味わいました。

パリの豪雨ですが、5月は記録的に雨ばかりだったこともあり、今、セーヌの水位がえらいことになっています。もうひと雨くるのが怖いような状況で。 うちはセーヌから3キロ近く離れているので直接の被害はありませんが、セーヌ周辺の道路閉鎖で、パリ市全体が大渋滞。 
天気が回復し、水がひいて、普通の暮らしに戻ることをみんなが祈っています。

元気です

☆おかみさん

つい2、3日前にふっとおかみさん元気かなあと考えていたら、コメントをいただいてびっくり。こちらこそご無沙汰すみません。

乳がん術後から、この夏で丸6年となります。2年前から、病院がかけもちになってしまい、まだまだ投薬も続いていますが、カラダはだましだましで元気にしております。
おかげさまで、仕事もいつもどおり、遊びも病人であることを忘れていつもどおりに飛び回っています。

セーヌは、いつもなら1月ぐらいに水位が上がってバトームーシュが運行停止になるのは時々ありましたが、この5月にこの大雨というのが異常気象。 そして、メトロや郊外線もスト、ガソリンスタンドもスト、この時期にフランスどうするの、です。

うちのほうは特に影響ありませんが、セーヌ周辺はハラハラだと思います。ルーブルもオルセーも閉館して貴重な美術品を避難させているようですし。

おかみさんの頭痛がひどくなりませんように、息子ちゃんの就活がご希望かないますように。
そして、またお会いできますように。
今月10日間ほど帰り、8月は3週間帰ります。

No title

なんだか一緒に行った気になった記事で楽しかったでしゅ~~☆
なんせ、サグラダ・ファミリアの内部を初めて見ました!!
凄く綺麗なんでしゅねぇ~~~~(驚!!
いいないいなぁ~~  外国観光~~って感じで行ってみたいわ~~☆
美味しいお料理にもあり付けれて、益々口がこえて美味しい物がもっと作れそうでしゅね~☆

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

スペインおすすめです

☆ぽんさん

フランスにもいらしていただきたいですが、隣国スペインもセットでぜひ。
サグラダ・ファミリアの内部、私も前回は見た記憶もあいまいで。
今回、入って驚きました。声にならないぐらいに。

確かに外国旅行ですが、パリ~バルセロナは1時間ちょっと。
お値段も往復で140ユーロという格安便。 日本の国内旅行よりも気軽でした。
食べ物もみーんな美味しくて、空が青くて。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク