戻りたい場所 ~バルセロナへの旅 其の参

P1010027.jpg

旅は、非日常。 時間が過ぎるのがとても早い。

バルセロナ3日目、最終日も盛りだくさんの感動を。






P1010013.jpg

朝10時、ホテルのロビーにエミカちゃんが来てくれた。

1年前、パリからバルセロナに異動になった生徒さん。 再会が嬉しくて、思わず抱きしめた。

4人で、ゴシック地区の細道を歩く。

P1010014.jpg

カテドラルの脇の入り口から中庭の回廊。

P1010021.jpg

カタルーニャ・ゴシックの傑作、カテドラル正面。

バルセロナの守護聖女エウラリアの遺骨が眠る。 

P1010022.jpg

礼拝堂は、静かな迫力。

教会で3人

エミカちゃんはスペイン暮らしも充実しているらしい。

可愛い子どもたち3人もすくすくと成長中とのこと。


P1010034.jpg

カテドラル横の、新しい市場のバルで「「朝カヴァ」「朝タパス」。

P1010038.jpg

揚げたてのカラマリ・フリット。イカの天ぷら。

P1010041.jpg

寿司カウンターのように、おつまみが並ぶ。 

P1010051.jpg

モデルニスモ建築の美の極致とされるコンサートホール、カタルーニャ音楽堂。

P1010050.jpg

色とりどりのモザイクタイル。

ガウディと双璧をなす建築界の大御所、モンタネール作。


P1010056.jpg

美しい曲線が目を引く集合住宅・カサミラ。

モンセラットの石灰岩を使用している。

P1010061.jpg

ぶらぶら歩いて、カフェでお茶を。

P1010062.jpg

しゃりしゃりレモンのかき氷風ジュース。

P1010063.jpg

バルセロナで人気のラーメン店でお昼。

P1010065.jpg

餃子と味噌ラーメンのセット。 量は少なめでも、味はこっくり。 縮れ麺もしっかり。

P1010069.jpg

ホテルまでお散歩しながら、エミカちゃんが送ってくれた。

お別れを惜しんで涙ぐむ。 またパリで待ってます。



3人で空港へ向かった夕刻。 バルセロナ空港はショッピングが充実。

つばの広い麦わら帽子を買った。 夏を楽しむ決意として。


友と旅した3日間。 こんなに楽しく、こんなに美味しく。

人生は、ずっと旅だ。 道連れは、いつだって優しい。



ヒデヨちゃん、マユミちゃん、幸せな時間をありがとう。

















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回も一緒にスペインの度を堪能させて頂きました☆彡
歴史を感じる壮大な建築物も、
直に見るときっと世界観変わるでしょうね♪
あー!一度は行ってみたい、スペイン。
食べ物も日本人の口に合いそうですよね♪

実は音楽もラテン系音楽が好きで、
大好きな自転車選手もスペイン人(笑)
家は南欧風(プロヴァンス)をイメージして内装その他を決めたけど。。。。
出来あがって家の仕様書を見たら、
【スパニッシュ】って書いてありました!( ´;゚;ё;゚)・;'.、・;'.、ゴフッ!!
とにかく、理屈抜きでスペインが好きなんです♪(●・´艸`・)、;'.・ ププゥ(笑)

No title

いろいろなことが続いて、なかなか落ち着かないパリの
一日も早い平穏をお祈りしてます

バルセロナ・・・スペインの食事は日本人の味覚に合うと感じました
それにしても~見たことある写真がたくさんです

ラーメンといえば・・・
明らかに面がパスタだったラーメン屋に入りました(笑)
それもいい思い出ですが(汗)

スパニッシュ邸宅

☆りえりん♪さん

フランスもとても楽しい国なのですが、スペインも今回またまたファンになりました。
空の色と人のノリがまったく違うんです、地中海沿岸とパリでは。

りえりんさんもご主人も、スペイン好きなんですね。
プロヴァンス風のおうち、桜子ちゃんがお散歩するデッキも内装もおしゃれだなあと思ってうらやましく眺めておりましたが、スパニッシュですか、きっと北海道で目立ちまくりかと。

来週、ささやかながら、パリの風を送りますので待っていてくださいねー!

謎のラーメン屋さん

☆とら猫の母さん

バルセロナの旧市街の細道を歩いている時に、ここは?と思うような謎ネーミングの日本食やさんが何軒かありました。もちろん怖くて入らず。
ラーメンの麺がパスタって・・・うーん、コメントできませんね♪

今回伺ったお店は、スペイン人に人気でお昼のお定食を皆さんお箸を上手にあやつって食べておられました。 

寒かったパリもようやく夏が頑張ってます。気温というよりも湿気が上がって日本の6月のようです。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク