2016年6月15日 夏を呼び込むチーズとワイン

IMG_1832.jpg

梅雨の日本へ来ております。

6月15日、立川・チーズ王国本社にて9回目となるコラボレーション講習。

フランスから運んだワイン4種、珍しいチーズ5種と、チーズを使った夏らしいフルコース。





IMG_1918.jpg

①COEUR DE CRAY MONTLOUIS SUR LOIRE 乾杯の発泡酒 ロワールのシュナンブラン種

②SAINTE JULIETTE 2015年 コルシカのロゼ スキアカレロ、ニエルキオ種

③BEAUMES DE VENISE 2014年 コート・デュ・ローヌの赤 グルナッシュ、シラー種

④JARDIN DE ROHAN BLANC MOELLEUX 2014年 ボルドーの半甘口 ミュスカデル、セミヨン、ソーヴィニョン種


IMG_1837.jpg

一緒にナビゲーターを務めたのは、チーズ鑑評騎士 シュバリエ 宮田さつき氏。

IMG_1828.jpg
IMG_1827_2016061807152182e.jpg
IMG_1829_2016061807152407f.jpg
IMG_1830_20160618071525255.jpg
IMG_1831.jpg

カット前のチーズたち。 さすがの迫力。

IMG_1853.jpg

6名ずつ6テーブル。 36名満席のゲストの皆様。

IMG_1845.jpg

前菜は、「仔羊ロース肉の燻製 マンチェゴを混ぜたタブレ ソースプロヴァンサル」

IMG_1872_2016061807161113a.jpg

メインは、「春巻きの皮で包んだ海の幸のフリット バジルーを加えたラビゴットソース フレッシュハーブのサラダぞえ」

IMG_1896.jpg

デザートは「タルトフリュイ アスパラガスのムース」


杉野シェフ

お料理すべてが、杉野シェフの情熱と渾身の数々。

IMG_1841.jpg
IMG_1850.jpg
IMG_1860_201606180716104e1.jpg
IMG_1876_201606180716131d2.jpg
IMG_1887.jpg

美しくカットされたチーズたち。 塊で見る時とは別の好奇心が湧きあがる。

3人

チーズ王国のたくましい戦士たち。 久田由美子ちゃん、宮田さつきちゃん、大和田百合香ちゃん。

楽しそうに動き、仕事が大好き!という想いが全身からみなぎっています。

IMG_1880.jpg

チーズ王国 久田会長ご挨拶。  

長い年月、チーズを日本の文化に豊かになじませた紳士。

集合写真

3時間たっぷり、 ワインとチーズ、フランス周遊の旅。 帰着はいつでも最高の笑顔。


今回は、食のプロフェッショナルな皆様にも多数ご参加いただき、スピーチもお願いしました。

梅雨空を忘れ、胃袋が新しい知識で膨らんだ午後。



足を運んでくださった皆様、いつでも全力で共に働くチーズ王国の仲間たち、

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


ご参加、心からありがとうございました。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回のチーズもお料理もおいしそうです(残念)
ブリードモートリュフは・・・
確か年末に購入したかも~
もちろん「ヒサダ浦和伊勢丹店」で

トリュフの香り

☆とら猫の母さん

木曜日に日本からパリへ戻り、すぐに土日から仕事スタートですっかりブログを放置してしまい、お返事が遅くなって申し訳ありません。

トラハナ、猛烈に甘えん坊になっていて、寝る時もべったり枕元に来てます。

このトリュフ入りのブリー、まるまる大きなまま1ホール買ったら6万円だそうです。
確かに高価ですが、こんなに口福なモノ、滅多にないなあと思っております。
巴里のヒサダさんでも人気商品です。


プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク