2016年6月特別講習 日本のワイン、日本酒で楽しむ夏の巴里和食

P1010571.jpg

6月の最終週、日本から運んだワインと日本酒で和みのお箸ごはん講習をいたしました。

パリでは入手困難な「みょうが」や「紫蘇」も日本直送でテーブルに乗ります。


実家の母が夏になるとよく作っていた「焼きなすとトマトのサラダ ジンジャードレッシング」。





P1010563.jpg

①茜ブラッシュ 天橋立ワイン株式会社 京都産セイベル13053  2015年

②安心院ワイン 白 RESERVE 大分県 三和酒類株式会社 安心院葡萄酒工房 シャルドネ

③純米大吟醸 たてにゃん 山形県 楯の川酒造

④クラシック仙禽 山田錦 2016年 栃木県 株式会社せんきん

⑤源作印ワイン 埼玉県 秩父ワイン株式会社 マスカットベリーAその他


P1010552.jpg

この日のテキストは、横浜の妹J子ちゃんがくれた富士山クリップで留めました。

P1010556.jpg

葡萄柄の紙のマットと、能登の器と。

P1010567.jpg

「わかめと青菜、小海老の梅たたきおひたし そばの実を添えて」

P1010575.jpg

「きゅうりとオクラの塩昆布ラー油和え」

P1010579.jpg

前菜3品、野菜たっぷりが家庭ごはんのキメ手。

P1010584.jpg

「カレー冷ややっこ」

お豆腐にしっかり味のドライカレーをたっぷりのせて、青海苔をふります。

P1010565.jpg

ラベルの猫が、我が家のトラ&ハナにちょっと似ている日本酒、たてにゃん。

P1010588.jpg

おまけの一皿。 「かまぼこ&柚子わさび」

P1010590.jpg

「鮭ともやしの昆布ポン酢蒸し」

P1010594.jpg

「鶏もも肉ソテー 胡麻味噌ソース さやいんげんを添えて」

P1010603.jpg

福井に旅した時に買い求めたピンクのそうめんを使って

「梅たぬきそうめん」 ほんのり香る梅の味が大好評。

P1010607.jpg

「簡単あんこロール」 ホットケーキミックスで楕円のパンケーキを焼き、こしあんを挟みました。

P1010554.jpg

関東は今日、梅雨明けと聞きました。

パリもバカンスシーズンで、住民はどんどん脱出。 朝市もとても静かです。



クーラーが家にない時代、食欲が落ちないように母や祖母が工夫してくれた夏ごはん。

ぐずぐず機嫌が悪くても、お箸を持つとニッコリだった幼少期。


私が和食を好むのは、たくさんの思い出が食材に残るから。

この夏も、もうすぐ、日本の海と山を食べに帰ります。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何度見ても

やっぱりおいしそう!
私これ食べたのよね?って思うくらいもう一度食べたいです。
習って帰ってからも何度も何度も作っています。もう茄子は我が家の定番料理です🌼
みほさんにおいえてもらったひとつひとつが私の実になり花になり、普通になっていく喜びをかみしめております。

日本気を付けて行ってきてね。

優しさ抱えてご参加ありがとう。

☆ nagisa ちゃん

我が娘・なぎちゃんに参加してもらって、母、とても嬉しかったです。
何度も作ってくれてありがとう。 ぜひまなちゃん、あんなちゃんにもレシピ繋げてください。

日本から帰ってきたら、きっとパリはもう涼しくなっているかもしれないけど、プール&実家ごはんでおもてなしするので、8月終わりに遊びに来て。なぎちゃん一家も楽しい夏休みを。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク