北へ北へ 東北の夏  ~石巻・一ノ関への旅

P1020358.jpg

三陸の雲丹。 磯の香りとなめらかな旨み。

母が13年の闘病ののち、石巻で亡くなってからもうすぐ1年。


通い続けた懐かしい港町。 この夏も自分のルーツを懐かしみに向かいました。



P1020349_20160823160348e90.jpg

広島から新幹線で、新大阪へ。 リムジンバスで伊丹空港へ。

伊丹空港から小さな飛行機で仙台空港へ飛びます。

広島~仙台はJALは就航していない。 それゆえに大阪~仙台を選択。

P1020352.jpg

仙台空港ロビーの大きな大きな七夕飾り。

P1020353.jpg

仙台空港から仙台駅へ、30分ほど電車移動。

のち、駅前から石巻行きのバスで1時間。

仙石線も全線復旧しましたが、本数が少なく鈍行だと時間がひたすらかかるゆえ。

P1020355.jpg

広島を出たのが朝の8時過ぎ。 石巻駅前にバスが着いたのは17時半ごろ。 

涼しい風と故郷の香りを浴びながら、駅のコンビニで買ったガリガリくんを食べてから叔母宅へ。

P1020361.jpg

旧・北上川のほとりの叔母宅に、弘前から叔父も遊びに来ていた。

母は7人兄弟の長女で、今はもうそのうち4名だけが存命中。

仏壇に手を合わせ、挨拶もそこそこに、近所のお寿司屋さん「梅川」に駆け込む。

末っ子の叔父夫婦も合流して、カンパイ。 親戚はみんな、ほんとうによく飲む。

P1020363.jpg

今年の初物・秋刀魚。 酢味噌だれでねっとりと。

P1020368.jpg

大トロの握りと雲丹軍艦。

ふみこおば かずよしおじ

叔父74歳と、叔母67歳。 母の兄弟は、ずっとみんな仲が良い。

母は長女だったので、私は従姉妹の中では最年長。

P1020371.jpg

食べきれないほどお寿司を食べて、3分歩いて帰る。

叔母宅の縁側の窓を開けはなして就寝。 夜の石巻、クーラー要らずの24度。

P1020372.jpg

翌朝、10時前に石巻駅まで叔母に送ってもらう。

JR石巻線で小牛田へ、乗り換えて古川へ。 そこから新幹線で県境を越え、一ノ関へ。

P1020373.jpg

お昼過ぎに一ノ関駅到着。 ピカチュウがお出迎え。

P1020374.jpg

駅も風情たっぷり。 駅前で地図を確認、目的地までタクシーか徒歩か。

土地勘がないけど、歩いていってみよう。

P1020376.jpg

きょろきょろと、駅前商店街を眺めて5分も歩いたら、目的地到着。

ずっと来たかった、北国の陶器屋さん。

インスタグラムで猫の器を見て、FACEBOOKで連絡をとった。

P1020378_20160823160435351.jpg

「こんにちは~!」とガラス戸をひいたら、笑顔いっぱいの志帆ちゃんが迎えてくれた。

「お昼まだなら、近所に行きましょう~」 

会って2分も経ってない私を中華料理屋さんに連れていってくれた。 

滋味深いゴマダレ冷やし中華をご馳走になった。

P1020379.jpg

ネットで見て、気になっていた美濃焼のオーバル皿。

絵柄が北欧風。手に持つととても軽い。 10枚購入。

P1020381.jpg

九州の波佐見焼の猫鉢。 柄違いでいろいろある。トラ柄を多めに購入。

P1020380_2016082316045457e.jpg

こちらは同メーカーの猫皿。 魚の骨の柄をおまけしていただいた。

P1020383.jpg

階段を上がって2階にも驚くようなガラス器、洋食器がたくさん。

東京オリンピックの新聞と共に、おじいさまの代に買い付けたと思われるアンティークグラス。

昔ながらの手作りの気泡がガラスに残り。

3代続く老舗の梅森陶器店。 
今は2代目のご夫妻と、5人のご兄弟のうち3女の志保ちゃんと長男の弟さんがご活躍中。

梅森さんご一家と

お母様と、お母様の妹さん(JALの先輩でした)、私、志帆ちゃん。

帰りは、歩いて駅まで志帆ちゃんが私の荷物をひきながら見送ってくれた。

ほんのちょっと前まで会ったこともなかったのに、「次は平泉観光に連れていくね!」



会いたい人に会うために、どこにでも行こう。 

空も陸も海も、距離じゃなくて想いで動く。 トモダチは握手から。




お盆の時期の新幹線・自由席、一ノ関からは座れたけれど、仙台からは通路も大混雑。


車窓から緑の田圃を眺めながら、東北がまた大好きになった夏。




























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分のルーツって大切だと思う。
こうして血のつながったご親戚との時間は、なにものにも変えがたい大切な時なのだと思う。

東北の土地はあまり訪れたことのないところが多いの。いつか案内してね。うに食べたい・・・笑

東北めぐり

☆さつきちゃん

子供の頃、夏休みは40日間田舎に預けられて野山や川で遊んでた。冷たい井戸水や、生みたての卵や、
釣りたての魚。 たくさんの思い出が宮城にあります。

母の闘病13年で通い続けた石巻の景色は、途中震災もあり、さらに自分の中で複雑な想いを持って見えているけれど、そこに血縁がいて、布団を並べてセミの音をきく夜は特別。

石巻はもちろん、今回、一ノ関にもずっと付き合える友達ができた。
いつか、さつきちゃんと東北をまわろう。 我慢強い人々が温かく迎えてくれるよ。

No title

欲張りな旅の記録
楽しく読ませてもらいました!

こちらは2週連続台風で
なんだかさみしい夏の終わりです

台風

☆とら猫の母さん

台風のルートが今年はいつもと違うような気がしています。
東北や北海道に大きな被害、胸が痛む状況です。

今回日本滞在2週間、まったくブログを書けなくて、パリに戻ってぼちぼちと書いていたら、もう8月も終わりになってしまいました。

パリはピークは過ぎましたが、今日も夏が頑張っています。
とら猫の母さん家のトラくん、今日も元気にのんびりしているかな。 うちの子たちも元気です。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク