ねずみの国へ ~ディズニーランド・パリ

P1020644.jpg

この夏、日本に暮らす息子が1か月ほどパリへ帰ってきました。

8月終わり、10数年ぶりに出かけた夢の国。 





P1020634.jpg

十数年前、息子が中学生だった頃、友達を連れて一緒に来たことがあった。

5年前、震災の翌年に、東京ディズニーランドに石巻の姪の子供たちを連れて行った。

平和だからこそ訪れることができるゲートをくぐる。 テロの影響でセキュリティチェックはもちろんある。

P1020641.jpg

ディズニーランドと、ディズニースタジオ(シーのようなもの)。

この日はランドだけ有効な1日券を購入。

P1020642.jpg

ツーショットは拒否されるので、せめて影だけ。

P1020643_20160921204554437.jpg

アトラクションの待ち時間、運行状況ボード。

8月30日夏休み中の平日の10時半ごろ、驚くほど空いている。

P1020649.jpg

まずは、これから。スペースマウンテン・ミッション2。

日本のものよりも確実に怖いと言われている。

P1020650.jpg

なんと待ち時間5分。 覚悟を決める前にすぐに乗り場だ。行列なんてない。

P1020652.jpg

出口に表示されている写真。 気に入れば購入する仕組み。

P1020647.jpg

場内には可愛いドレスのお姫様がいっぱい。 売店で買って着替えるらしい。

P1020661_20160921204651b32.jpg

カリブの海賊。 東京とほぼ同じ。

P1020664.jpg

この日、一番の行列がお昼を買う時。  30分近く並んでフィッシュバーガーを。

フランスではマクドナルドもケンタッキーも、早く買える保証はまるでない。

P1020665.jpg

初挑戦のインディアナジョーンズ。

P1020666.jpg

見た目はショボいトロッコ風、スピードが無謀を超えている。 ゆえに怖さがハンパない。

P1020668_20160921204722f9c.jpg

ホーンテッド・マンションの入り口のお兄さん。

P1020669.jpg

これも待ち時間10分。 地図をぼーっと見ている間に順番が来る。

P1020671.jpg

西洋風おばけ屋敷、これも東京とほぼ同じ。

P1020670.jpg

ビッグサンダーマウンテンは工事中で休業。 このかきいれどきの夏休みに?

P1020676_20160921204745c4c.jpg
 
ほのぼのアトラクションの定番、イッツアスモールワールド。

意外とこれが混んでいる。待ち時間15分。

P1020692.jpg

日本ブースのお人形、懸命にお辞儀中。

P1020675.jpg

カフェの壁の葡萄に目が行く。

P1020697.jpg

トイ・ストーリーのレーザーアトラクション。

P1020699.jpg
P1020711.jpg

息子に大差をつけられ負ける。

P1020720.jpg

夕方4時半、西日が強い中でおやつ。 お土産をあれこれ買って、幸福の国を後にする。 



夏休み中、ローマかリスボンに小旅行に行こうと誘うも、返事は当然「めんどくさい」。

息子なんて、そんなもの。


パリから電車で40分。 

半日だけのデートは、年間パスを買った3、4歳の頃を懐かしむ時間だった。

プーさんのショーを目を輝かして見たチビは、もうとっくに大人。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うふふ♪私の周りの息子さんのいるお母さんたち、
皆さん同じこと言ってる~♪(●・´艸`・)、;'.・ ププゥ
息子さんのそっけない態度に、ママさん達がやきもきしながらも
嬉しそうにお話ししてくれます。
そんなお話を聞くと、いつも微笑ましくて羨ましく思っちゃう♪
でもなんだかんだ言っても一緒にディズニーデートしてくれるなんて、
可愛いですね♪(*´ω`*)

猫>息子

☆りえりん♪さん

トラとハナの性格や行動の違いを見ていても、男子女子はこうも異なるのね、とわかります。
小さい頃、私の手を離さなかった息子ですが、いつの間にか私を諭すような言葉を言うように。

りえりんさんは、いつも旦那さまと仲良くてブログの文章からもひしひし愛があふれてますね。
ずっと愛情を持ち続けていける、豊かな暮らしがとてもうらやましい。

息子が日本に帰って、トラとハナを抱きしめる暮らしに戻ったら、やっぱりトラハナが大好きだわと
しみじみ思ってます。 もの言わぬねこたちだからこそなのかも。

No title

こんにちは
息子さんと夢の国でのデート
いいですね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
優しい息子さんで羨ましいです♡

それにしても、信じられない待ち時間です

空いてます!

☆夢人さん

日本だったら息子とディズニーってありえないと思うんですが、コッチだとディズニーって若者のデート用の場所じゃなくて、家族連ればかりなんです。たぶん、コッチの若者はお金もってないから、入場料や食事、お土産にお金のかかるこの場所は出かけないのかも。それゆえ、のんびり、安心な場所でもあります。

ずっと昔、私自身が24歳だったクリスマスに、母を連れて東京ディズニーランドに行きました。
カップルだらけのその日、母がもじもじしつつ、嬉しそうに笑っていたのを覚えています。
ウチの愚息は、きっと私がいろんな想いを抱えて夢の国を歩いているとは思ってもみなかったはずですが。

待ち時間、ほんとうに少なかったです。小さな子どもは身長制限があるからでしょうね、乗り物系は。
それにしても、20分を越える待ちがないっていうだけでびっくりですよね。

かわいい!

息子さん。ママと一緒にディズニーデートなんてかわいいじゃあないですか~!!

こんなことを聞くと男の子もいいなぁと思ってしまいます。

写真の横並びは影だけどいじらしい。
アトラクションのニコニコ顔!

どちらも可愛い素敵な写真です!

いつか会えますように!

葛藤の次のステージ。

☆nagisaちゃん

日本だったらありえないけど、欧州だからありえる息子とのディズニーでの1日。
女の子を育てていない自分は、男の子の習性しか知らないけど、親子でも本当のところ、内心とか
わからない。別人格なんだってことを背を追い抜かれた頃に認識したっけ。

オトナになるまで育てあげても、まだまだ心配は尽きない。
たぶん、息子も私のことをある程度冷めた目で遠くから傍観している。

10年20年経った時、この夏のディズニーランドの記憶がモノトーンで懐かしく蘇る気がしています。
素直に、良い一日でした。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク