2016年10月 黄金の丘 ブルゴーニュワインと楽しむ秋の美フレンチ

P1030491.jpg

ご無沙汰でした。 19日から秋の日本に上陸しております。

パリを発つ前にすべて終了した神無月のパリCEPAGE。 テーマは大好きなブルゴーニュ地方。

紫のカラーを飾り、気持ちはたっぷりワイン色。




P1030617.jpg

紫のマット、お皿、ナイフレスト、ナフキン。

それぞれ購入した場所や時期が違っても長い間、私のテーブルで活躍してくれている仲間。

P1030621.jpg

① BOURGOGNE ALIGOTE   2015年

② MACON-VILLAGES  2015年

アリゴテ種、シャルドネ種の比べ飲み。

アリゴテには、クレム・ド・カシスを加えてご自身でキールを作る体験をしていただきます。

P1030619.jpg

アミューズ3種 

①ビーツのスープ ②ジャンボンペルシ ③キノコのカナッペ


P1030570.jpg

前菜は、シーフードとアンディブのマッシュポテトサラダ

オレンジマーマレードを使ったドレッシングで和えてあります。

P1030629.jpg

③ MORGON  2015年

④ AUXEY-DURESSES  2013年

ガメイ種とピノ・ノワール種の比べ飲み。

P1030633_20161023081136af6.jpg

メインは簡単ブッフブルギニョン

赤ワインとトマトソースにいちごジャムを加えて煮込み、水は一滴も使わず。

P1030636.jpg

今月のチーズ ブリアサヴァラン AFFINE

フロマジュリーヒサダ様からご提供いただいたオリジナルのプルーンとアルマニャックのジャムを添えて。

P1030581.jpg

デザートはいちじくジャムのパウンドケーキ フロマージュブラン添え



フランス10大産地、すべてに個性があり、どこを旅しても美しい葡萄畑に出会えます。

その中でも黄金の丘・ブルゴーニュは私にワインの素晴らしさを刻みつけてくれた場所。


この地で飲んだ1杯が、その後の人生を変えたのは言うまでもありません。



混ざらない、混じらない。

単一品種での確かな勝負は、ゆるがない未来のため。



☆ご連絡☆

数日前に、岩手県・一関市の梅森陶器店を訪ねてくださったご夫妻さま、

私のブログを見てくださっているとのこと、ありがとうございます。

梅森さんからお知らせいただき、とてもとても嬉しく思いました。

ぜひ直接お友達になりたいので、コメント欄に鍵コメでご連絡くださいませ。

いつかパリか東京・横浜か一ノ関でお会いできますように。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

☆鍵コメ Eさま

ご連絡ありがとうございます。
今からメールさせていただきます。

No title

ピノミホさんとの出会いで
ワインを飲む機会が増えました
でも奥が深すぎて何も覚えてません(笑)
でもでもまだまだいろいろなワインにチャレンジします

ありがたいお言葉

☆とら猫の母さん

昨日、横浜馬車道の初フレンチコラボも無事に終わりました。
次回はぜひ、とら猫の母さんにもご参加いただきたいエレガントな会です。

猫繋がりのお友達・とら猫の母さんがワインもどんどん好きになってくださること、とても嬉しいです。
猫とワインとパリと、が今後の私の生きる指針です。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク